メニュー

開院1周年に寄せて

[2020.06.01]

    お蔭様で2020年6月1日、いけだファミリークリニック桶川は開院1周年を迎えました。
地域の皆様に支えられ無事に1年を迎えられましたことを、心から御礼申し上げます。
現在のコロナウィルス禍にあり、これまでの経験を振り返りながら、自身の開業医、内科医としての役割を改めて考えています。
    内科医となって様々な病院に赴きましたが、奄美大島の病院での勤務経験が私の医師としての原点だと思っています。奄美大島には、主な総合病院が当時2つ、なぜそこまで痛みを我慢したのか、と思われる状態になってやっと病院を訪れる人が多かったです。専門だけでなく様々な疾患に対応しました。とても辛抱強くしかし他人にはとても優しい島の人々の生活に触れ、もう少し医療が身近であったならと思っていました。ここでの経験を通じ、必要な人に適切な医療を提供する、これが私の医師としてのモットーとなりました。
 「いけだファミリークリニック桶川」は総合病院のように高度な医療を提供するクリニックではありません。しかし、地域の方々がどこかちょっと不調で、病院に行くほどではないけど不安を相談したい、退院後の落ち着いた状態を近くで診る医者がいたら、そんな要望に寄り添い、全身を見ながら皆様の生活を支えることが出来るクリニックでありたいと思っています。高度な医療が必要な患者さんには、適切に総合病院への橋渡しをし、急性期を過ぎた患者さんには医師として伴走してまいります。
 現在、コロナウィルスの影響で今まで以上に高度医療機関、地域のかかりつけ医の役割分担が求められていると感じています。当クリニックでPCR検査をすることは出来ませんが、感染予防に留意しながら不調や不安な状態に対し可能な限り対応をしております。今後も感染予防には引き続き最大限の注意を払い、必要な人に適切な医療を提供していけたらと思っております。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

いけだファミリークリニック桶川
院長 池田 耕一

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME